「ほっ」と。キャンペーン

キャンプ見学初日終了

松坂投手を追っかけているうちに、
時刻はあっと言う間に15時。
2時間弱滞在したサブグラウンドBを離れると、
サブグラウンドAで豪華コンビがファーストの守備練習をしていました。
鳥越内野守備走塁コーチと内川、李両内野手。
内川内野手?
c0347492_23312310.jpg

内川選手の定位置はレフト。
今季は1塁にコンバート?
いえいえ、理由は以下のとおり。
「左翼を守る内川はリードした終盤に守備固めと交代し、
ベンチへ下がるケースが多くあった。
だが、1点を守る作戦は一度、追いつかれたり、逆転された時、得点源を失う。
 ― 中略 ―
内川が一塁を守れればチームの幅が広がる」
鳥越コーチの提案らしいです。
c0347492_2354558.jpg

しばらく2人の守備練習を見たあと、
飽きもせずサブグラウンドBに戻ります。
そこに松田選手の姿が。
終始サングラスを外してくれないのが残念。
c0347492_2332569.jpg

工藤監督も登場。
ここに監督が来るのを初めて見ました。
随所に工藤カラーが散りばめられています。
この悪戯っぽい表情が何とも言えません。
c0347492_23314548.jpg

左に転がっているのは川村コーチではありませんよ。
c0347492_23322853.jpg

疾走する若鷹今宮選手。
c0347492_23324145.jpg

今季注目No.1のギータ。
男前ですね。
性格も・・・・・・?
c0347492_2332571.jpg

ギータと内川選手。
ガンガン打ちまくるシーンが容易に想像できます。
c0347492_2333691.jpg

内川ジャーンプ!
c0347492_23331723.jpg

この方も表情豊か。
周囲の雰囲気が和みます。
c0347492_23332530.jpg

「おつかれ~!」
内川選手退場のお時間です。
c0347492_23333533.jpg

帰りの花道では心温まるシーンが。
子どもを抱っこして記念写真。
お母さん大喜びでしょうね。
c0347492_23334398.jpg

そんなこんなで時刻は17時になろうとしています。
すっかり影が長くなりました。
あれだけ賑わっていたブース前はご覧のとおり。
みんな帰っちゃったのかな?
c0347492_23335670.jpg

いえいえ、アイビースタジアム前は黒山の人だかり。
選手をお見送りする、
いわゆる「出待ち」をする人たちです。
c0347492_2334610.jpg

先にバスに乗り込んでいた松田選手。
ファンの前を走ってバスに乗ろうとする本多選手を邪魔しています。
こんな小芝居をもって、
キャンプレポート初日を締めさせていただきます。
c0347492_23341490.jpg

 ― 続く ―
[PR]

by hawkskura3 | 2015-02-20 23:59 | ホークス | Comments(0)

お昼時

ブルペンの松坂投手に1時間釘付け。
とっくに12時を回ってお昼ご飯の時間となりました。
投球練習を終えた巽投手もお食事タイムでしょうか?
選手たちとの距離はこんなに近いんです。
c0347492_21395056.jpg

いつの間にかお客さんが激増しています。
お食事ブースには長蛇の列。
私もボチボチ腹が減っていましたが、
列に並ぶのが嫌いな性質。
炭火焼などの匂いを嗅ぎながら、
MY撮影ポイントへまっしぐら。
c0347492_21395998.jpg

ここはサブグラウンドB。
ハードな練習を終えた選手たちがクールダウンなどを行う場所です。
かわいい鷹ファンがズラリ。
熱くなってるのは保育士さんたちなのでしょうね。
c0347492_21401178.jpg

巽投手。
食事ではなかったんですね。
何故か行くとこ行くとこで巽投手に遭遇します。
いよいよ待望のブレイクか!?
c0347492_2140201.jpg

サブグラウンドBのいいところは、
選手たちのリラックスした表情が見られること。
特に地元宮崎出身寺原投手のそれは豊か過ぎます。
c0347492_21403683.jpg

報道陣を引き連れて、
松坂投手がやってきました。
c0347492_21404616.jpg

こういう笑顔が目の前で見られるサブグラB。
幸せです。
c0347492_21405539.jpg

平成の怪物が逆立ってます。
c0347492_2141426.jpg

一方、平成の鉄腕が満面の笑顔。
c0347492_21411337.jpg

プロ19年目の大御所が登場。
サングラスの奥は笑って・・・・・
ないようですね。
c0347492_2141233.jpg

ランニングなどをこなして少々お疲れ気味の松坂投手。
c0347492_2141317.jpg

ちょうど1時間のトレーニングを終えて退場です。
そこに、見たことのある来客発見!
元メジャーリーガー田口壮さん。
プロ野球OBの姿はキャンプの風物詩と言えるでしょう。
この日は「桐谷美玲さん」なるお方が来られてたそうです(全く知らないけど)。
c0347492_21413915.jpg

2年前はこんなお方が

まだまだ続くよ2月10日。

 ― 続く ―
[PR]

by hawkskura3 | 2015-02-19 23:59 | ホークス | Comments(1)

例年と違うブルペンの風景



ブルペンにて1時間超600枚撮影。
その大半を松坂投手に費やしたことは言うまでもありませんが、
それ以外にも見所たっぷりのブルペンに釘付け。
一番驚いたのが打者を立たせたこと。
しかも主力がズラリ。
奥から、今宮選手、本多選手、吉村選手。
捕手もブルペンキャッチャーではなく現役ばかり。
去年までは決して見られなかった光景です。
*松坂投手のところだけ打者がいませんね。
c0347492_19592851.jpg

今宮選手と本多選手が背中合わせ。
2人の位置が逆だったら、
お互いちょっぴり恥ずかしいかも。
c0347492_19594452.jpg

平成唯一の三冠王松中選手もバッターボックスに入ります。
c0347492_200118.jpg

そして、選手会長の松田選手も。
豪華過ぎて笑ってしまいました。
c0347492_2001379.jpg

視線をピッチャーに戻してみましょう。
2012年のドラフト1位、東浜投手。
2年間で5勝3敗はかなり寂しい数字です。
手前から2番目だったので明るく撮れています。
c0347492_2003230.jpg

一番手前はもっと明るい。
2008年のドラフト1位、巽投手。
プロ5年間の成績は0勝4敗。
今年こそプロ初勝利を!
c0347492_2004467.jpg

森投手と吉井コーチ。
飲みの約束・・・ではないと思われます。
c0347492_201530.jpg

最後は巽投手と工藤監督。
ホント目が真ん丸ですよね。
c0347492_2011444.jpg
c0347492_1603357.gif

             * このGIFアニメーションは本文とは一切関係ありません

 ― 続く ―
[PR]

by hawkskura3 | 2015-02-18 22:24 | ホークス | Comments(0)

ブルペンの18番(旅のメイン)

全速力で歩いた結果、
長蛇の列のこの位置に収まりました。
全速力で歩いたのに絶望的。
20mほど前にいる宇宙人さん辺りまでは大丈夫みたい(警備員さん談)。
数分後、ブルペン観覧席の門が開き、
長蛇の列が一斉に前進し始めました。
宇宙人さんは難なく入場。
私は・・・・・・・
c0347492_20551010.jpg

宇宙人さんのファインプレーによって、
こんないい場所に座ることができました。
感謝カンゲキ雨嵐?
さて、特等席と言える場所ではありますが、
ブルペン内は如何せん暗いです。
あと、中央左の枠が曲者なのです。
c0347492_20552762.jpg

幸い松坂投手は奥から3番目。
枠に隠れる最悪の事態は免れました。
c0347492_20553888.jpg

あとは暗さとの闘い。
カメラ設定(特に感度)をいじりながらの撮影です。
c0347492_20554771.jpg

感度を上げれば高速シャッターが実現しますが、
画質を大きく犠牲にしてしまいます。
c0347492_2056049.jpg

これは感度2000。
通常時では使わない設定です。
*高知競馬のナイターぐらいかな(おっと、当たり馬券思い出した)。
c0347492_20562262.jpg

目一杯の望遠側(400mm)での撮影は、
手ぶれも発生しやすくさらに厳しい条件となります。
c0347492_2057130.jpg

ピッチャーって重労働なんだなぁと思わせる1枚。
1球に注ぐパワーは相当なものなんですね。
ちなみに一昨年の「平成の鉄腕」
c0347492_20571848.jpg

ちょっとひと息。
c0347492_20573017.jpg

滅多に訪れないシャッターチャンス。
紛れもなく松坂大輔。
平成の怪物。
c0347492_2123848.jpg

ベストショット。
600枚も撮れば、
1枚くらいは納得の写真を確保できるでしょう。
このタイミングの写真は他に何枚もあるのですが、
グローブが切れたりボールが切れたり・・・・
手持ち撮影は厳しいですわ。
c0347492_2057572.jpg

投球数169球。
全力ではないとしても、
この球数を投げられるというのは悪くないですね。
最後は自ら土ならし。
怪物でも元メジャーリーガーでも特別扱いはありません。
c0347492_205875.jpg

ブルペンの松坂投手撮影を始めたのが11時44分。
土ならし写真が12時52分。
実に1時間以上も投げ続けた松坂投手。
そして、1時間以上も重いレンズを振り回していたミーハーおやじ。
肩の疲労は松坂投手以上だったみたいです。

 ― 続く ―
[PR]

by hawkskura3 | 2015-02-17 23:10 | ホークス | Comments(2)

6年振りの再会

遡ることちょうど6年。
2009年2月17日。
最も豪華メンバーだったWBC日本代表の宮崎キャンプ。
原辰徳監督のもと、
投手…ダルビッシュ有、田中将大、松坂大輔、岩隈久志
捕手…城島健司、阿部慎之助
内野手…岩村明憲、小笠原道大、川崎宗則
外野手…福留孝介、青木宣親、イチロー
その後の代表メンバーと比較にならない豪華さです。
今回のキャンプの超目玉は、
9年振りに日本球界に戻ってきたこの人。
松坂大輔投手
メジャーではルーキーイヤーから15勝→18勝と立派な成績を収めましたが、
以降、肘の故障などもあり低迷。
2011年には肘にメスを入れています。
師走に松坂投手のホークス入団が発表されて以来ずっと、
6年振りの再会を心待ちにしていました。

早めに移動した結果、
サブグラウンドA最前列をゲット!
ほどなく投手陣がやってきます。
サファテ、森、中田・・・・
十分豪華です。
c0347492_1442305.jpg

そして、ついにその時を迎えます。
MATSUZAKA 18
c0347492_14424065.jpg

肩を大きく回して、
いよいよ大輔が球を投げる瞬間がやってきます。
c0347492_1442534.jpg

キャッチボールが始まりました。
最初は10mくらいの距離から。
大輔が下がってその距離が徐々に遠くなっていきます。
c0347492_1443264.jpg

背番号18。
平成の怪物が西武ライオンズの指名を受けたのが1998年。
その年のドラフトは凄かった。
福留(中日1位)、岩瀬(中日2位)
上原(巨人1位)、二岡(巨人2位)
東出(広島1位)、新井(広島6位)
小林雅(ロッテ1位)、里崎(ロッテ2位)
c0347492_14431287.jpg

17年目のシーズンをホークスで迎えます。
ニューヨークメッツでの2年間を除き、
西武ライオンズ入団以来彼の背中には18番が。
日本代表でも18番を背負っていました。
日本で最も18番が似合う男。
それが平成の怪物松坂大輔なのです。
c0347492_14434234.jpg

逆光気味なのが残念。
でも、雰囲気は伝わると思います。
c0347492_14435259.jpg

投手陣全体を遠くから見守る佐藤投手コーチ。
投手コーチはいつもバットを持っているんです。
c0347492_144446.jpg

左は吉井理人投手コーチ。
箕島高校のエースだったのが30余年前。
私と同世代がコーチングスタッフの中心的存在になっています。
負けちゃぁいられませんな。
c0347492_14441545.jpg

大輔だけではありません。
ホークスのエース攝津正投手。
2012年の沢村賞投手です。
絶対的エースの復活を期待します。
c0347492_14443148.jpg

武田翔太投手。
まだ21歳なんですよ。
昨シーズンは2年目のジンクス?で低迷しましたが、
阪神との日本シリーズ第2戦で好投。
阪神に傾いていた流れを引き戻してくれました。
c0347492_14444339.jpg

大隣憲司投手。
右投手ばかりのホークスにあって貴重な左のエース。
難病を克服して大車輪の活躍。
大隣、攝津、武田、そして松坂。
開幕投手争いは熾烈です。
c0347492_14473298.jpg

今年の新戦力は松坂が大メインですが、
この人もやってくれそうな気がします。
バンデンハーク投手。
元メジャーリーガーで韓国リーグでも活躍。
外国人枠が悩ましいですな。
c0347492_1445821.jpg

唯一の順光写真。
その名も森唯斗投手。
去年の様子
期待どおりのルーキーイヤーは4勝1敗20ホールド。
勝利の方程式の一角を担い、
リーグ優勝、日本一に大きく貢献。
年俸は1200万円から一気に4800万円。
新人王の大瀬良大地投手が1500万円→3500万円。
金持ち球団はええねえ。
c0347492_14445969.jpg

さてさて、我らが大輔。
いつの間にか30m、いやもっと離れてたかな?
c0347492_14451974.jpg

さらに下がってこんなに遠くなりました。
いつも思うのですが、
大輔に限らずこんなに離れていても送球はかなり正確。
ボールが相手の胸元あたりで収まることも珍しくありません。
「プロって凄いなぁ」と単純に思うのがキャッチボールなのです。
c0347492_1445288.jpg

携帯が鳴ります。
宇宙人さんから、
ブルペン(投手がピッチング練習をする設備)に長蛇の列が!
大輔はまだここにいるのに、
こりゃあマズイ状況です。
全速力で歩いて(走るのきついもん)ブルペンへ!

 ― 続く ―

* コメント欄解放しました(承認制)
[PR]

by hawkskura3 | 2015-02-16 20:34 | ホークス | Comments(0)

あの人を探す

2月10日10時ちょうど。
快晴のアイビースタジアム。
平日につきガラガラの3塁側スタンド上段に陣取ります。
c0347492_2301316.jpg

ほどなく登場した工藤新監督。
昨日(オフ日)のゴルフ談議に花が咲いてるのでしょうか?
c0347492_2304841.jpg

朝の会?で早速ゴーグルの忘れ物についての確認。
この場では落とし主は名乗り出なかったようです。
c0347492_2305775.jpg

佐藤義則投手コーチの有り難いお話が始まりました。
ダルビッシュやマー君を育てた凄腕コーチには、
投手陣の立て直しが期待されます。
エース攝津投手と新加入の松坂投手の再生。
伸び悩む若手投手陣(岩嵜、大場、巽、東浜etc)の育成。
重責を担う佐藤コーチを応援します!
c0347492_231618.jpg

そうこうしているうちに体ほぐしが始まります。
この距離ですから背番号がないと選手探しに苦労します。
探しているのは81番ではなく18番。
ず~っと「あの人」を探しているのですが見つけることができません。
c0347492_2312796.jpg

恒例のランニングが始まりました。
全選手による声出しランニングは、
過去のものを遥かに凌ぐ元気良さ。
c0347492_2313632.jpg

毎年注目するのが先頭を引っ張る選手。
今年は誰なんでしょうか?
c0347492_2314720.jpg

先頭5人が判明。
左から、
松中選手、今宮選手、本多選手、内川選手、松田選手。
錚々たるメンツです。
c0347492_232022.jpg

選手たちがどんどん近づいてきます。
ファインダー越しに見る画は迫力があります。
後方にお目当てのあの人が写っていますね。
c0347492_2321683.jpg

ランニングが終わり準備運動に入ります。
そして、この時初めてあの人の姿を確認できたのです。
白い歯がこぼれてリラックスしてますね。
如何せんサングラスがご尊顔を遮っています。
c0347492_232245.jpg

こんなに寒いのにいい汗をかいている細川捕手。
サングラス無しは被写体としてポイント高いです。
c0347492_2323326.jpg

細川捕手をおびやかす存在になってほしい(山下)斐紹捕手22番。
斎藤佑樹投手をクジで外したあとの外れ1位指名から早5年。
登録名を斐紹(あやつぐ)に変更し、
今年は勝負の年になるような気がします。
てか、その向こうに18番。
c0347492_2324297.jpg

まだウォーミングアップ中ではありますが、
アイビースタジアムを出ることにします。
c0347492_2325148.jpg

行き先はサブグラウンドA。
そこで18番を待ち伏せです。

 ― 続く ―
[PR]

by hawkskura3 | 2015-02-15 23:03 | ホークス | Comments(0)

考えた挙句

1ヶ月以上の放置状態を申し訳なく思っております。
現状、のほほ~んとカメラ三昧している場合ではなく、
人生最初で最後の夢を実現するため邁進しなければなりません。
いろいろと考えてると頭の中がグルグル回ります。
余暇の中心的存在だったカメラ&ブログ。
「閉鎖」なのか「継続」なのか・・・
そして、ようやく結論に至りました。
継続!
このほど小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)を立ち上げることが承認され、
現在、その本拠地となる住宅のリフォームが急ピッチで進められているところです。
グルグル回っていたものが消え、
ブログ再開を前向きに考えられるようになりました。
そして、2月9日(月)。
ブログネタ探しの旅に出たのでした。

年に一度の贅沢と位置付けている2月上旬の恒例行事。
ホークス宮崎春季キャンプ見学
随行してくれるのは北九州在住の鷹キチ宇宙人さん。
いつも日がどっぷり暮れた大分駅で合流だったのですが、
今年は日没前の17時。
宮崎県延岡市まで移動してからの夕食が可能です。
ならば、と言うことで、
おぐら出北店
c0347492_23424420.jpg

ここに来たら迷わず一択。
どでかチキン南蛮
旅の初っ端からガツンといきました。
c0347492_23425492.jpg

いきなり宮崎名物を食し最高のスタート。
時刻はまだ20時。
ここから一気に宮崎市へ。
途中スーパー銭湯でゆったり過ごし、
23時過ぎに生目の杜運動公園駐車場に到着。
恒例の車中泊なのですが、
この日は南国宮崎とは思えぬ寒さ。
氷点下3℃。
ファスナーの壊れた寝袋の限界を超えていました。

2月10日(火)。
2人とも風邪をひくことなく8時過ぎにアイビースタジアムへ向かいます。
これ以上ないと思える快晴。
ただし、気温は低く寒風が2人を悩ませます。
c0347492_2343488.jpg

アイビースタジアム前。
練習開始は9時(のはず)ですが、
選手の到着を迎える、いわゆる「入り待ち」ファンが結構います。
私も入り口で待機します。
だけど9時を過ぎてもバスの姿が一向に現れません。
寒風吹き付ける中の1時間はかなりツライです。
c0347492_23431387.jpg

9時25分。
ようやくA組(主力組)の選手たちを乗せたバスが到着。
五十嵐亮太投手。
今年もしびれる場面での登板が見られることでしょう。
そして左からキャンプ名物川村隆史コンディショニングコーチ。
ホークス一筋23年。
秋山前監督や工藤新監督が選手としてホークスへ来たのがそれぞれ1994年、1995年。
その時既に川村コーチがいたのですから驚きです。
c0347492_23432876.jpg

福岡県古賀市出身の吉村裕基選手。
この人が控えだなんて勿体ないです。
c0347492_23441810.jpg

レギュラースリーショット キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
今宮健太選手、松田宣浩選手、そして李大浩選手。
c0347492_23443713.jpg

若手の注目株柳田悠岐選手。
「ギータ」の知名度&期待度急上昇中です!
c0347492_23444671.jpg

細川亨捕手。
この人を脅かすような若手捕手が出てこないんだよなぁ・・・。
てか、右奥にあの人の姿が。
つい先ほど気づきました。
c0347492_23445633.jpg

選手たち全員がスタジアム入り。
我々も入場しましょう。
c0347492_2345894.jpg

練習開始時刻は10時とのこと。
大丈夫なのかぁ~!
工藤ホークス。

* なお、当分の間「コメント禁止」とさせていただきます。
  ご了承ください。


 ― 続く ―
[PR]

by hawkskura3 | 2015-02-14 23:59 | ホークス | Comments(2)