3日目(その3)・・・最終回

3日目が続きます。
この日は女性スタッフがいない日。
すなわち、私が夕食の準備をしなければならない日。
高知遠征から戻ったのが17時。
夕食の準備なんてできるはずもありません。
やむを得ず、いや計画どおりの外食対応です。
テーマは北九州にはないお店。
できれば宇和島らしいお店。
市内には回転寿司最大手の「スシロー」がありますが、
ここは、地元色を優先して
すしえもん
元メジャーリーガー岩村明憲選手のお兄さんが経営してるお店です。
プロ野球各チームのユニフォームを着た店員さんの写真を撮っておけば・・・・。
残念ながらホークスのお姉さんはいませんでした。
c0347492_22374483.jpg

このお店の特徴は新幹線が寿司を運んでくれるところ。
新幹線のボタン操作は長男と次女が担当です。
宇と巨は相変わらずの呑み助です。
c0347492_22375155.jpg

3泊4日、宇と巨の旅のラストショット。
いつの日か、子どもたちの成長を見に来てくださいね!
c0347492_2237571.jpg

4日目、最終日は登校する3人それぞれと記念撮影。
子どもたちを見送って、
我々は八幡浜→長浜経由で松山へ。
松山城近くで3泊4日をともにした宇&巨とお別れ。
何だかメリハリのない4日間でしたが、
あれはあれで楽しかったのかな?
貴重な連休を四国に費やしてくれた宇&巨のお二人。
次なる再開はいつになるのかねぇ・・・・・。

 ― 終わり ―
[PR]

# by hawkskura3 | 2015-07-02 22:56 | 宇和島

3日目(その2)

高知と言えば・・・・・
いくつかのランキングを検索してみたら、
1位 坂本龍馬
2位 如月のチキンナンバン
3位 カツオ料理
4位 四万十川
だいたいこんな結果となっています。
記念館、桂浜で龍馬さんを満喫し、
時刻は12時過ぎ。
2位のチキンナンバンも捨て難いですが、
ここは全国区のカツオ料理でしょう。
*2位は大嘘なので、3位、4位をそれぞれ繰り上げてください。
で、やってきたのは
ひろめ市場
ピークを過ぎた13時頃の様子です。
c0347492_22182982.jpg

上記写真右奥にある人気No.1のお店に並びます。
明神丸
c0347492_22184263.jpg

カツオが燃えています。
c0347492_22185233.jpg

宇と巨は塩タタキとビールのセット。
私は塩タタキ定食。
あとは単品で塩タタキ(特大)とカツオ巻き。
c0347492_2219041.jpg

ズーム&トリミングでタタキの美味さが伝わるでしょうか?
「この美味さは食べんとわからんわからん」
c0347492_2219619.jpg

タタキに舌鼓を打ったあとは腹ごなし。
高知城天守への道のりは厳しいものでした。
宇宙人さんがご馳走してくれたアイスクリンを間に挟んで何とか到着。
足腰(特に膝が・・・・)の衰えを痛感させられました。
c0347492_22191675.jpg

時刻は14時。
宇和島着の目標は遅くても17時。
土佐ICから高速道を利用し、
来た道とは違う窪川→江川崎ルートで帰りましたとさ。

 ― 続く ―
[PR]

# by hawkskura3 | 2015-07-01 22:43 | 高知

3日目(その1)

6月24日(水)。
あれだけ飲んでも朝5時台に起きてくる宇&巨。
6時40分に集合した3人と賑やかな朝食風景です。
このあと3人は、
7時28分発のバスに乗って登校します。
c0347492_9295220.jpg

わたくし的にはこの日がメイン。
唯一の遠出、高知遠征です。
宇宙人さんのリクエストは「坂本龍馬記念館」。
大のミュージアムマニア。
最終日には松山市にある「坂の上の雲ミュージアム」を訪れる予定。
c0347492_93016.jpg

貴重な資料満載の記念館。
3人とも、しばし幕末動乱期に思いを馳せます。
c0347492_9302071.jpg

c0347492_9302867.jpg

日本を今一度せんたくいたし申候
c0347492_9303458.jpg

とりあえず桂浜をスルーするわけにはいきません。
c0347492_9304211.jpg


 ― 続く ―
[PR]

# by hawkskura3 | 2015-06-30 22:00 | 高知

2日目

6月23日(火)。
深酒の影響もなく早いお目覚めの2人。
子どもたちを送り出したあと、
石応の波止で1日が始まります。
少年時代は釣りで鳴らした宇宙人さん。
釣りのイロハを教えてもらいました。
c0347492_075531.jpg

巨大生物さんは引っかけで爆釣。
魚が横を向いて上がってくる様には笑わせていただきました。
c0347492_0846.jpg

釣果は今イチで満潮も過ぎてしまい、
このまま釣りを続行するか、
それとも船旅に出るか迷いましたが、
後者を選択。
久し振りのぐるり宇和海クルーズ。
13時10分に宇和島内港を出航し、
17時24分に戻ってくるまでの4時間強。
一体どんな旅になるのでしょう。
c0347492_081125.jpg

2階は我々のほかに嘉島までのお客さんが1人だけ。
嘉島以降は貸し切りです。
2人は昼間っからビールを浴びます。
c0347492_081944.jpg

戸島の小内浦港での積み下ろし。
これ以降はほとんど覚えていません。
17時過ぎに巨大生物さんから声をかけられるまで、
心地よい眠りに勤しんでいたのでした。
とても勿体ない過ごし方。
ホスト役失格です。
c0347492_082689.jpg

前日にも増して豪勢なスタッフ作の夕食を囲む6人。
楽しい団らんの中で、
2人のビールのペースが加速したことは言うまでもありません。

 ― 続く ―
[PR]

# by hawkskura3 | 2015-06-29 23:03 | 宇和島

ついに その時が・・・・・

随分昔の話になってしまいました。
6月22日(月)。
朝風呂ですっきりしたハンソロ(宇宙人)&チューバッカ(巨大生物)。
松山発9時3分→宇和島着10時24分の宇和海7号で宇和島入りです。
迎えの準備に手間取って、
宇和島駅に到着したのは10時26分。
c0347492_21472399.jpg

急いで駅に入ると、
タイミング良過ぎの登場。
宇宙人(敬称略)とは2月のホークス宮崎春季キャンプ以来約5ヶ月振り。
巨大生物(敬称略)に至っては7年振りの再会です。
c0347492_21473198.jpg

一旦石応でくつろいだ後、
一番のおすすめポイントへご案内。
やっぱ遊子水荷浦の段畑。
c0347492_21473784.jpg

段畑のあとが続きません。
宇和島城・・・・
南楽園・・・・
闘牛場・・・・
どれもインパクトがありません。
早くも行き詰まった観光案内人。
そんな時、宇宙人がこうつぶやいたとさ。
「V3」
おお~!あったじゃないか宇和島第2の名所。
迷わず覗岩(赤松)遊園地へ。
V3とご対面。
c0347492_21474358.jpg

とても適当な初日でしたが、
夕食は無駄に豪華。
3人の大歓迎を受けた宇宙人と巨大生物でした。
c0347492_21475059.jpg

 ― 続く ―
[PR]

# by hawkskura3 | 2015-06-27 22:45 | 宇和島