考えた挙句

1ヶ月以上の放置状態を申し訳なく思っております。
現状、のほほ~んとカメラ三昧している場合ではなく、
人生最初で最後の夢を実現するため邁進しなければなりません。
いろいろと考えてると頭の中がグルグル回ります。
余暇の中心的存在だったカメラ&ブログ。
「閉鎖」なのか「継続」なのか・・・
そして、ようやく結論に至りました。
継続!
このほど小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)を立ち上げることが承認され、
現在、その本拠地となる住宅のリフォームが急ピッチで進められているところです。
グルグル回っていたものが消え、
ブログ再開を前向きに考えられるようになりました。
そして、2月9日(月)。
ブログネタ探しの旅に出たのでした。

年に一度の贅沢と位置付けている2月上旬の恒例行事。
ホークス宮崎春季キャンプ見学
随行してくれるのは北九州在住の鷹キチ宇宙人さん。
いつも日がどっぷり暮れた大分駅で合流だったのですが、
今年は日没前の17時。
宮崎県延岡市まで移動してからの夕食が可能です。
ならば、と言うことで、
おぐら出北店
c0347492_23424420.jpg

ここに来たら迷わず一択。
どでかチキン南蛮
旅の初っ端からガツンといきました。
c0347492_23425492.jpg

いきなり宮崎名物を食し最高のスタート。
時刻はまだ20時。
ここから一気に宮崎市へ。
途中スーパー銭湯でゆったり過ごし、
23時過ぎに生目の杜運動公園駐車場に到着。
恒例の車中泊なのですが、
この日は南国宮崎とは思えぬ寒さ。
氷点下3℃。
ファスナーの壊れた寝袋の限界を超えていました。

2月10日(火)。
2人とも風邪をひくことなく8時過ぎにアイビースタジアムへ向かいます。
これ以上ないと思える快晴。
ただし、気温は低く寒風が2人を悩ませます。
c0347492_2343488.jpg

アイビースタジアム前。
練習開始は9時(のはず)ですが、
選手の到着を迎える、いわゆる「入り待ち」ファンが結構います。
私も入り口で待機します。
だけど9時を過ぎてもバスの姿が一向に現れません。
寒風吹き付ける中の1時間はかなりツライです。
c0347492_23431387.jpg

9時25分。
ようやくA組(主力組)の選手たちを乗せたバスが到着。
五十嵐亮太投手。
今年もしびれる場面での登板が見られることでしょう。
そして左からキャンプ名物川村隆史コンディショニングコーチ。
ホークス一筋23年。
秋山前監督や工藤新監督が選手としてホークスへ来たのがそれぞれ1994年、1995年。
その時既に川村コーチがいたのですから驚きです。
c0347492_23432876.jpg

福岡県古賀市出身の吉村裕基選手。
この人が控えだなんて勿体ないです。
c0347492_23441810.jpg

レギュラースリーショット キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
今宮健太選手、松田宣浩選手、そして李大浩選手。
c0347492_23443713.jpg

若手の注目株柳田悠岐選手。
「ギータ」の知名度&期待度急上昇中です!
c0347492_23444671.jpg

細川亨捕手。
この人を脅かすような若手捕手が出てこないんだよなぁ・・・。
てか、右奥にあの人の姿が。
つい先ほど気づきました。
c0347492_23445633.jpg

選手たち全員がスタジアム入り。
我々も入場しましょう。
c0347492_2345894.jpg

練習開始時刻は10時とのこと。
大丈夫なのかぁ~!
工藤ホークス。

* なお、当分の間「コメント禁止」とさせていただきます。
  ご了承ください。


 ― 続く ―
[PR]

by hawkskura3 | 2015-02-14 23:59 | ホークス