魚とさかな(敬称略)

午前の部が終わりました。
この時季にしては異常とも言える陽気。
大嫌いな人混みと相まって不快指数80%。
早く帰りたいなぁ・・・・。
そんなことを思ってるうちに、
宇和島水産高校のブース前に黒山の人だかり。
ハマチの解体ショーが始まります。
c0347492_20365290.jpg

さばくのは水産高水産食品科のフィッシュガール。
東京や大阪の百貨店への出張も定番となっているようです。
c0347492_20365956.jpg

解体後はお刺身の試食会。
解体ショーのMCを務めたお二人。
元気のいい若さ溢れる素敵なMCでした。
c0347492_2037537.jpg

早速いただきましょう。
c0347492_20371176.jpg

至ってポピュラーなハマチの刺身ですが、
このひと切れはこれまでのハマチとは明らかに違ってました。
プリップリで歯ごたえがあって独特の甘み。
高価な露店の食べ物をスルーし続けた結果、
この日の昼食は「ハマチひと切れ」で終了。
c0347492_20371981.jpg

贅沢なひと切れを食べ終わった頃、
本日のメインイベントが始まりました。
〇〇〇クントークショー
望遠レンズをセットして待ち構えていたのですが、
ショー開始前の諸注意が。
・撮影禁止
・録画禁止
・録音禁止

やっぱりなと思いながら人混みを避け、
離れた場所でその「独特な語り口」と「素敵な魚の絵」を楽しみました。

トークショーが終わると、
祭りの最後を締めくくる「もちまき」です。
そこに出番が終わったはずの〇〇〇クンが登場!
撮影いいのかな?
誰もとがめられないので便乗します。
c0347492_20372585.jpg

さかなクン大人気!
c0347492_20373262.jpg

我がスタッフは子どものようにはしゃぎます。
「さかなク~ン!」と声をかけてちゃっかり握手。
とても私にはできない芸当です。
c0347492_7125199.jpg

笑う門には福来たる。
スタッフがゲットした餅の一つに「祝」の焼き印。
段畑で育まれたじゃがいもをちゃっかりゲット。
c0347492_713867.jpg

一方私は祝文字無し餅5個とお菓子。
キャラメル2個のうち1個はさかなクンからダイレクトキャッチしたものです。
c0347492_7131621.jpg

ふる里だんだん祭り。
こんな素敵な祭りなら、
人混み少しは我慢できそうです。
[PR]

by hawkskura3 | 2015-04-29 09:44 | 宇和島